お役立ち情報

大人アトピーとうまく付き合っていくためにおすすめな方法

改善方法

私のアトピーについて

私とアトピーとは長い付き合いになります。

もうかれこれ長年寄り添った恋人のように、長い時間を一緒に過ごしています。

最近向き合い方に少し慣れてきたので、ちょっと記事にできればなと思って書いてみました。

アトピーとの最初の出会いは、小児アトピーと喘息です。

幼稚園くらいから発症して、小学5年生の時に一旦ぴたりと収まったんです。

そのまま成長し、アトピーの存在など忘れて毎日楽しく過ごしていました。

しかしながら、運命の出会いは再び起こります。

あれは、大学4年生の時でした。

就活の為に、セミナーやら選考やらで日々県外を飛び回って面接を受けたり、お祈りメールを沢山くらったりしました。

皆良いところから内内定が出ているのに私だけ無い内定で、焦りとストレスばかりが溜まっていきました。

そんなストレスフルな日々が続いたところ、子憎たらしいアトピーが再び私の前にやってきたのです。

大人アトピーのひどい時の状態と今の状態

私のアトピーの症状についてです。

ちょっと表現が汚い箇所がありますので苦手な方はご注意ください。

症状がひどい時

ひどい時には色々パターンがあって、主には夏と冬でタイプが異なります。

夏は、頭皮や首周りが特に悪化しやすく、頭皮から浸出液が止まらず寝苦しく夜に一睡もできない日が続きました。

寝れない日はストレスで、アトピーなんで私がとか検索してました。

冬は主に頬やおでこに炎症が起きて、化粧が全然できない時があり、マスクばかりして仕事に行ってました。

敏感肌用などと言われている化粧水を使ってもヒリヒリする状態でした。

アレルギーを抑える薬は、朝晩で3錠飲んでました。

今の状態

完治とはなっていませんが、抗アレルギーの薬は全く飲まず、塗り薬だけで対処できています

季節の変わり目はどうしても調子を崩しますが、上手く立て直して良い状態に持っていくことができています。

付き合い方を自分なりに見つけた感じです。

アトピーとうまく付き合う方法

大人のアトピーきついですよね。

ストレスが溜まると一気に悪化するし、悩んでしまいます。

私が実際にやってみて効果があるなと思ったのをいくつか紹介したいと思います。

夏場の対策

自分の汗で痒くなる前にふく

アトピーや肌の弱い人は自分の汗にすら敏感です。

なので、汗をかいたらすぐに拭く必要があります。

ただ、香料や夏場のスースーする成分が入ったものは、刺激を与えて悪化する可能性があります

私の場合は、赤ちゃん用のノンアルコールのウェットティッシュでこまめにふいてます。

寝苦しくて熱がこもる感じがする

夏場特有の体の中に熱がこもる感じはアトピーの大敵です。

不眠の元になります。

私はこんな対策をやってました。

夏場の熱がこもる対策

・ぬるめのシャワーにする

・接触冷感のシーツや布団にする

・枕は氷枕や籐枕などにし、首周りが蒸れないようにする(個人的に氷枕はかなり効く!)

それでも眠れない時

夏場に急激に悪化した時、どうやったって眠れない時ありますよね。

そんな時は無理に寝ようとする必要はないです!

眠らなきゃ眠らなきゃと焦りますよね。

でも、寝る時ほど、目を瞑った後ほど痒みに対してより意識を感じやすくなります。

開き直って本を読んだり、やりたいことをやりましょう。

自然と3時4時くらいには寝ています。

自分を責めすぎないことが大事です。

冬場の対策

インナーは綿100%の長袖を使う

冬場は寒いですよね。

ヒートテックの様なあったかいインナー着たくなりますよね。

でも、ヒートテックの繊維が肌にとっては刺激になるので、直で着るのは危険です!

冬場は、綿100%の長袖インナーを着ましょう。

それでもセーターやヒートテックを着たい時

どうしても寒くてヒートテックやセーターを着たい日ってありますよね。

そんな時は、綿のインナーの上からヒートテックやセーターを重ね着します。

ヒートテックの見た目がちょっと不恰好になるかもしれませんが、インナーなので更に上に重ね着すれば人にはバレません!笑

注意したいのはタートルネックのセーターです。

普通の綿インナーだとセーターの首部分が肌に直に触れてゴワゴワして痒くなる元なので、綿100%のタートルネックの上に重ねます。

とにかく素肌に触れさせないのが何よりも大事です!

タイツは肌状態に合わせて履く

タイツは締め付け&あのテロテロした生地のせいでどうしても痒くなりがちです。

私の場合はロングスカートとか着ることが多いですね。

ただ、どうしてもおしゃれで膝丈ぐらいのスカートを冬場履きたい時とかありますよね。

その際は、事前に薬を塗っておき、綿率が高い&着圧機能の無いものを履いています。

保湿に気をつける

冬場の保湿はかなり大事です。

ですが私は保湿用クリームは使ってません。

肌弱いくせに、かなりのめんどくさがり屋です・・・。

なので、セラミド成分の入った入浴剤に長く浸ることで保湿に気をつけています。

この後にワセリンが混ざった体用の塗り薬だけを塗ってます。

食生活の注意点

便秘時は急激に悪化する可能性高い

これは私の10年近くに及ぶ経験の所感からなのですが、便秘気味だと痒くなり調子崩しやすいです。

なので、普段から水分や食物繊維や乳酸菌をとり、出すべきものを出すことをおすすめします。

発酵食品を心がける

乳酸菌や腸内環境を整えることはアトピーに良いということを聞いたことある方多いのではないでしょうか。

個人の感想ですが、実際その通りだなと感じます。

でも、乳酸菌のサプリを定期的に買うとなると、高くなりますよね。

なので、私はヨーグルトとか乳酸菌飲料とかキムチとかスーパーにあるものをよく買っています。

同じものをずっと続けて買うのではなく、その日のスーパーで安いもので、色々な種類のものを買います。

一つに偏らず色々な食品から乳酸菌をとるようにしています。

甜茶を飲んでる

あと、季節の変わり目などムズムズしやすい時期は水代わりに甜茶をよく飲んでます。

甜茶は季節のむずむず感に効果があると言われているお茶で、甘い味のするお茶です。

甘い味がするので、あまりお菓子も食べなくなります。

間食も防げて一石二鳥です。

値段も安いのでおすすめですよ。

あげもの系菓子の暴飲暴食に注意

サーターアンダギーやドーナツのような油を使ったお菓子は美味しいけど食べすぎると状態悪くなりがちです・・・。

なので、あまり過度に食べすぎないようにしましょう。

私はチョコとかが多いかな。

肌が弱くなっている時にする工夫

インナーの服を裏返す

特に肌状態がひどい時、インナーのような肌に直接触れる部分は生地を裏返しに着ています。

生地の縫い目自体や選択表示タグが刺激になるので、ひっくり返すことで肌に触れないようにします。

少しは肌への負担を軽減できます。

心の持ち方

どうしても季節の変わり目など、あんなに調子が良かったのに、悪化するときは転げ落ちるようにひどくなります。

どうしてもそうなってしまいます。

何年経験していてもそうなります。

私もそうです。

なので、どうか悪化しても自分を責めすぎないでください。

ストレスによる悪化

仕事やプライベートのストレスでも、アトピーは悪化します。

ストレスに関してはストレス源から離れることが大事なのですが、それは簡単にはできることではありませんよね。

なので、それ以外で、できる対策をすることが大事かなと思ってます。

まとめ 大人アトピーとうまく付き合っていく方法

大人アトピー大変ですよね。

少しでも同じような人の参考になればいいなと思います。

最後にもう一度簡単にまとめてみます。

夏場の対策

・自分の汗で痒くなる前にふく

・ぬるめのシャワーを浴びる

・接触冷感のシーツや布団にする

・枕は氷枕や籐枕などにし、首周りが蒸れないようにする

・眠れない時は開き直る!

冬場の対策

インナーは綿100%の長袖を使う

セーターやヒートテックを着たい時は、綿100%の長袖の上に着る

・タイツは肌状態に合わせて履く

保湿に気をつける

その他の対策

・便秘は大敵

・発酵食品を心がける

・甜茶を飲んでみる

・揚げ物系お菓子を食べすぎない

・インナーの服を裏返す

自分を責めすぎないことが何より大事です。

ABOUT ME
ぽる
ぽると申します。 今は事務職を辞めて家でブログを書いたり、資格の勉強をしたり、試行錯誤の毎日を送っています。 暮らしに役立つ情報を発信していきます。