お役立ち情報

引越時の不用品の処分費用をかなり安く節約する方法

引越の際には、新居の初期費用、不用品の処分、引越作業代と出費が多くなります。

出費を減らせるものなら少しでも減らしたいですよね。

この記事では、私の実体験を踏まえて、不用品の処分のところでいかに出費を減らすかを紹介したいと思います。

業者にまとめて頼む場合、いくらかかるのか

通常の一人暮らしでは1万から5万円以内が業者に頼んだ場合の相場と言われています。

トラックの出張費や人件費、不用品の積み込み処分代等がかかるので、そのぐらいはかかります。

私も「住んでいる地域名 リサイクル」で検索してヒットしたところで、口コミが良さそうなところに見積もりを依頼したら25000円と言われました・・・。

むしろ、これは安い方だと言われ、そうなのかあと思ってお任せしようかと思ったのですが、もう少し粘って色々安くする方法を探りました。

実体験 いくらで不用品を処分出来たか

結論を言うと、1000円程です。

大きな出費はなかったです。

むしろ、ちゃんとしっかり計算したらプラス?が出ている気がします。

私の状況

・結婚に伴う引越だったため、夫側と私でお互いいらない家電が複数ある。

・カラーボックスなど処分したい収納関係の建具が複数ある。

・布団やベッドなど寝具類の処分

見積もりで言われた25000円の内訳

1人暮らし用縦型洗濯機

カラーボックス3個(3段2個・2段1個)

テレビ

DVDデッキ

折り畳みプラスチックすのこ

これらの積込・運搬・処分で25000円と言われました。

工夫した結果

1人暮らし用縦型洗濯機 →0円

カラーボックス3個(3段2個・2段1個)→2個0円 1個は壊れていた為大型ごみで200円

テレビ →0円

DVDデッキ →300円

折り畳みプラスチックすのこ →2000円くらい収益でた!

あとは粗大ゴミをちょこちょこ出したり、本を売ったりしていました。

不用品処分を安く抑える秘訣

・複数業者に見積もる

・メルカリ→ジモティーの順番でどんどん処分していく

複数業者に見積もる

25000円の業者とは別に、ネットで他の業者にも見積もってもらいました。

すると、そこの会社では0円で洗濯機とテレビを引き取りますということだったので、そこにお願いしました。

引越作業と同じように、業者によって金額が変わるので、複数件見積もりをもらった方が良いです。

メルカリ→ジモティーの順番でどんどん処分していく

本当にこれはお勧めしたいなと思いました。

そもそも、プラスチックすのこなんて売れると思ってなかったので、本当びっくりです。

自分の中で寝具類は粗大ゴミでお金払って処分してもらうものという固定概念があったので・・・。

すのこですが、買った時は1万近くしたのですが、メルカリでは6000円位で売れました。

2,000円の収益というのは、配送料を差し引いた分です。

最近のメルカリでは、たのメル便というのがありまして、そのサービスを使いました。

このたのメル便がとても便利でした!!感動!

シングルのすのこを包む時は巨大なプチプチを用意しないといけなくなるだろうし、梱包がめんどくさいなと思っていました。

ですが、久しぶりにメルカリを使うとたのメル便という機能があることに気付きました。

たのメル便というのは、回収日を決めて商品を預けるだけで、あとはヤマトさんが梱包と発送をしてくれるサービスです。

日にちを決めて商品を引き取ってもらうだけだったので、とても楽でした。

今後、別の家電を売る時も活用したいサービスだなと思いました。

ただ、収納系グッズはメルカリでは全然売れませんでした・・・。

そこで次に、活用したのがジモティーです。

売れなかったものはジモティーをどんどん活用して0円で処理していきました。

売れるか正直謎だった、どこのメーカーなのかも忘れたカラーボックスもなんとすぐ引き取り手が見つかりました!笑

メルカリでは売れにくいものでも、ジモティーだと0円で引き取ってもらえるみたいです。

粗大ゴミで出すよりも、エコだし、費用も浮かせることが出来ます。

たかが200円300円ですが、積もり積もれば結構な額になります。

彼の荷物も含めてなのですが、ジモティーで引き取ってもらえた例としてこんなものがあります。

・少しだけ布が剥がれた座椅子

・10年ぐらい前の古い電子レンジ

あとは、ベッドを出そうかなーと考え中です。

多分これもすぐ引き取りが見つかりそうな気がします。

ジモティーおすすめです。


これは余談なのですが、素早く処分する秘訣は売るのに固執し過ぎないことです。笑

つい売れるかもしれないと金額を下げてギリギリまで粘ってしまいがちですが、1週間様子見て反応が薄ければ、どんどん切り替えてジモティーでも出していきましょう。

メルカリで粘り過ぎて慌てて粗大ゴミに出すことになっては本末転倒になってしまうので・・・。

このやり方の唯一の欠点は、そこそこ手間がかかるということです。

手っ取り早くとにかく処分したいという場合は、業者にお願いした方がいいです。

その道のプロなので迅速に対応してくれますし、なにより家具の搬出の際も安心できると思います。

まとめ

今回はいかに引越の不用品の処理代を抑えるかでした。

抑えるコツは

複数見積もりとメルカリとジモティーを駆使するです。

私はこれでかなり抑えることが出来ました!!

引越の作業はこれから相見積もりを色々と依頼しようと思っているのですが、もし安くすることが出来たらその時はまた記事を作成したいと思います。

ABOUT ME
ぽる
ぽると申します。 今は事務職を辞めて家でブログを書いたり、資格の勉強をしたり、試行錯誤の毎日を送っています。 暮らしに役立つ情報を発信していきます。