プログラミング

【SpringBoot】MVCモデルとコントローラーの違いについて理解する

MVCについて知る


前回、SpringBootを立ち上げるところまでいきました。

わからないなりに日々調べながら勉強しています。

学んだことを噛み砕いて自分なりにまとめてみました。

同じようなところで悩んでいる方がいましたら、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

Spring Boot?MVCモデル?

Spring Bootを理解するにはMVCモデルの知識が必須なようで、なんやねんそれ状態なので調べてみました。

Spring BootでWebアプリケーションを作る際は、コントローラーというものを記述しないといけません。

そのコントローラーはMVCモデルという考え方に登場してきます。

Spring BootはSpringフレームワークの中のSpringMVCフレームワークを元に開発されたものだから、MVCについてわかってないといけないということなんですね。

MVCとは

MVCとはModelのM、ViewのV、ControllerのCの頭文字を取ったものです。

なんか基本情報でも出てきた気がする・・・?(自信ない)

Modelはプログラムでいうところの計算や処理部分を記述するところにあたります。

いわば仕組みのような感じ。

Viewはモデルの結果を表示するところです。

いわば見栄えの部分といいますか。

Controllerはモデルやビューにどういう処理をするかを伝えるところ。

橋渡しのような存在。

RestControllerとControllerの違いって何?

Spring Bootのコントローラーで@RestControllerと@Controllerというのが出てくるんですよね。

その二つの違いがよ・・・よくわからん!!

というわけで、調べてみました。

RestControllerはRest APIのためのコントローラーです。

RestAPIには色々と細かいルールがあって、@RestControllerはRest APIを作るのに適したコントローラーみたい。

じゃあ、Rest APIって何よ?と私はなってしまったのですが、それも調べてみました。

こちらのサイトの解説がとてもわかりやすかったです。

https://qiita.com/masato44gm/items/dffb8281536ad321fb08

な〜んとなく雰囲気がわかってきました。

よし、次はYoutubeとか動画探しながら簡単に練習していきたいと思います。

ABOUT ME
ぽる
ぽると申します。 今は事務職を辞めて家でブログを書いたり、資格の勉強をしたり、試行錯誤の毎日を送っています。 暮らしに役立つ情報を発信していきます。