お役立ち情報

デビットカードはダサい?どういうことか調べてみた

デビットカード。

使ったことが無くて、あんまり自分には縁がないカードです。

先日、結婚を機に銀行の名義を変えてカードの再発行手続きをした際に、デビットカード機能付きのものが発行されました。

この際だし、デビットカードってなんかメリットがあるのかな?と思って色々調べてみました。

検索の時に、予測変換で「デビットカード ダサい」て出てきたんですよね。

なんか理由が気になったのでそれも調べてみました。

なんでダサいんだろ。

言葉の響きとかかな?

思えば、言葉の響きが与える影響って地味に大きいですよね。

私は小さい頃、デビットカードは怖いカードだと思っていましたw

多分、よく家族で遊んでいた桃太郎電鉄の影響だと思いますw(話がわからなかったらごめんなさいw)

桃鉄でボンビーがつくと、変なカードを押しつけてくるのですが、その中にデビルカードっていうのがあるんですよね。

デビルカードはキングボンビーに比べると可愛いものですが、プレイヤーのお金をどんどん奪ってくる嫌なカードです。

デビットとデビルがなんか響きが似てて、当時は勝手に先入観で怖いものと思っていましたw

と、余談はさておき、何でデビットカードがダサいのかを早速みていきましょう。

デビットカードがダサいと思われる理由

デビットカードが作られる理由は、カードの審査の緩さにありそうです。

クレジットカードの審査がおりない人でも、デビットカードであれば、銀行口座を開設した時に作ることができます。

そのため、審査がおりないような人でも使えるカードということでダサいと思われるのでしょう。

私自身は全然ダサいとか思ったことも、感じたこともなかったですけどね・・・

クレジットカードと同類のような感じで、特に何とも思ったことないなあ。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットを見てみましょう。

口座の残高しか使えないので、資金管理はしやすい

デビットカードとクレジットカードの違いとしては、デビットカードは口座にある金額分しか使えない点です。

クレジットカードであれば、カードの利用制限額までは口座に無くても使うことができます。

カードの支払日までに口座の残高を調整したらOKです。

しかし、デビットカードは決済時に口座残高から即引き落としなので、口座にある金額しか使えません。

クレジットカードのようについつい買い物をしすぎてしまったり、引き落としまでのタイムラグがないので、資金管理はしやすいといえるでしょう。

ATM手数料がかからない

ATM手数料がかからない点が魅力的です。

現金を引き出す時、どうしても手数料がかかることが多いですよね。

特に平日会社勤めだと、手数料がかからない時間帯に引き出すのはなかなか難しいです。

昼休みだと混雑しますし。

そんな時にデビットカードがあれば手数料なしで現金のように使うことができます。

現金感覚で使える(小銭いらない)

現金感覚で使えるところもメリットです。

小銭って結構かさばるし、財布が重くなりますよね。

現金感覚でデビットカードを持っておけば、現金を持たずに生活することができます。

コロナ禍の中でキャッシュレスで生活するのは、接触感染を避けるためにも大事ですからね・・・

現金よりはお得なポイント還元

普通に現金で支払うよりはお得です。

ポイント還元があるので、現金で支払うより少しお得です。

海外旅行時に便利

海外旅行時に海外のATMで現金を引き出すことができます。

クレジットでも海外で支払えるお店はある程度あるので、何とも言えないところではありますが・・・

海外の通貨を引き出せるという点では、クレジットに勝ってるところかも知れませんね。

比較的若い頃から作成できる

15〜16歳からカードを発行できます。

クレジットカードに比べると早くから作成できますね。

クレジットは高校卒業後の18歳から発行できるところが多いです。

デビットカードのデメリット

次はデメリットをみて行きましょう。

原則としてETCカードは発行できない

ガソリンや高速料金はデビットカードで支払うことができません。

車を使わない人にとってはさほど困りませんが、よく使う人には不便ですよね。

ポイントはクレジットの方がいい 楽天は同じ

通常のポイント還元はクレジットの方が良いものが多いです。

某金融機関発行のものは100円で0.5%還元とかでした。

利用実績に応じて、デビットカード使用時のポイント還元が高くなったり工夫はあるようですが、基本の還元率は低めという印象を受けました。

楽天のデビットカードは100円で1%還元なので、クレジットカードと同じ還元率です。

まとめ

デビットカードについて調べてみました。

デビットカードがダサいと思われる理由
  • 審査が緩くて、クレジットが通らない人でも作りやすいから
デビットカードのメリット
  • 口座の残高しか使えないので、資金管理はしやすい
  • ATM手数料がかからない
  • 現金感覚で使える(小銭いらない)
  • 現金よりはお得なポイント還元
  • 海外旅行時に便利
  • 比較的若い頃から作成できる15〜16歳
デビットカードのデメリット
  • 原則としてETCカードは発行できない
  • ポイントはクレジットの方がいい 楽天は同じ
  • 利用実績に応じて、ポイント還元が高くなる

私は別にクレジットメインの今まで通りの生活でいいかなーという感じです。

確かにメリットはあるけど、クレカを辞めてデビットを使うか!という気持ちまでには至らなかったかな。

現金代わりにはなるけど、クレジットでほぼ代用できるし・・・。

人によって違うのかな。

過ごし方や価値観で使うかどうか変わってくるのかも知れませんね。

でも、今までよくわからない存在だったものを理解したということで、社会勉強になったなと思っています。

ABOUT ME
ぽる
ぽると申します。 今は事務職を辞めて家でブログを書いたり、資格の勉強をしたり、試行錯誤の毎日を送っています。 暮らしに役立つ情報を発信していきます。